誰もが無料で気軽に使えるから、セフレを探す女性たちがたくさん集まってきていると考えたのは間違いだったようです。
気軽に使えるから悪質な利用者の方が多くなってしまうというのは、当たり前の事だったようでした。
とにかく性処理がしたいと思うことで頭がいっぱいであり、冷静に物事を考えることができなくなっていたみたいでした。
同僚に言われてそのことに気が付いたのでした。
「美人局だとかさ後は援デリって言うようないい方の悪質な業者も多いんだよ。
今回は逃げられて本当にラッキーだったと思うよ」
「業者ってなに?」
「違法な業者が客引きのために利用しててさ、ホ別2で一発やれるけど30分程度でマグロだから手を出さない方がいいね」
同僚はやたらとこのあたりに詳しい様子で、あれこれ話してくれるのです。
「なんでそんなに欲しいのよ?」
「なんでって、この手の達人だよ俺は(笑)」
「そんじゃ条件付きでセックスのできる相手探しの方法とかも?」
「まあな(笑)」
彼は割り切りの帝王とも呼ばれている逸材のようで、自分の知らない所で、インターネットでセックスを楽しんでいる様子だったのです。
それならそうと早めに言ってくれれば、その方法を聞いたのにと思ってしまいました。
達人と言うぐらいだからやたら詳しいのも納得です。

「掲示板だと未成年がいる場合もあってさ、児童買春で逮捕の危険もあるから絶対に使っちゃダメだね」
「それじゃ何処を利用して相手探しまできるの?」
「ズバリ!出会い系サイトだね」
彼の口から出会い系サイトという言葉が出て、正直ピンと来るものはありませんでした。
出会い系サイトこそ悪質なものであり、大変危険だから利用してはいけないものだと思っていたからでした。
しかし割り切りの帝王人の彼は出会い系サイトを利用することで、条件付きだけどセックスをさせてくれる相手を見つけられると言い切りました。